MiroがGartner Peer Insights™の会議ソリューション部門で2022年「Customers’ Choice」に選出されました

公開日 2022年8月9日 最終更新日 2022年8月10日

この記事は、こちらの英語リリース記事を元に執筆しています。Miro newsroomはこちら

会議ソリューション部門で2022年「Customer’s Choice」に

Miroは、ガートナー​・ピア・インサイト 「ユーザーの声」の会議ソリューション部門において、2022年の「Customer’s Choice」に選出されました。

「Customers’ Choice」とは

ガートナー​・ピア・インサイトは、世界有数のリサーチ&アドバイザリ企業であるガートナー社が運営するIT ソフトウェアやサービスについて評価とレビューを提供するプラットフォームです。「Customers’ Choice」は、顧客から高い評価を得ているベンダーと製品を表彰するものです。

97%のユーザーが推奨、エンゲージメントとビジュアライゼーションが高評価

Miroは総合評価で5つ星のうち4.6を獲得し、197人のユーザーによるレビューにおいて顧客満足度で最も高い評価を受けた会議ソリューションとなりました。また、97%のユーザーが推奨すると回答しています。在宅勤務と対面出社が混在するハイブリッドワーク環境において、会議の主催者と出席者の間でMiroのエンゲージメントとビジュアライゼーションが高く評価される結果となりました。

”まるで対面で同じ空間で仕事をしているように”

Miroのビジュアル・コラボレーション・プラットフォームは、オンラインで行われる会議やワークショップでユーザーがリアルタイムで共同作業を行うことを可能にします。ガートナー​・ピア・インサイトでMiroをレビューしたある戦略的パートナーマネージャーは、「Miro上でリアルタイムに共同作業ができるため、まるで対面で同じ空間で仕事を進めているように協働できました。」と語っています。

”実行可能なタスクに変えていける”

Miroを活用した会議では視覚的な共同作業を体験することができるので、話し合ったことを自然とその場で次の打ち手に変えていきやすくなります。また、参加者の会議へのエンゲージメントを高めます。Miroユーザーであるエンジニアは、「これほど迅速かつ効果的に多くの人からフィードバックを集め、それを実行可能なタスクに変えていけるツールやプロセスは見たことがない。」とレビューを寄せています。

Miro共同創始者アンドレイ・クシッド(Andrey Khusid)より

Miroの共同創始者であるアンドレイ・クシッド(Andrey Khusid)は、以下のようにコメントしました。

今日の在宅勤務と対面出社が混在するハイブリッドワーク環境において、チームの活動を維持する会議ソリューションは、イノベーションを推進し、企業文化を維持するために不可欠です。お客様の喜びは、Miroにとって全ての核心となるものです。

3500万人以上のユーザーコミュニティは素晴らしいインスピレーションの源であり、人々が集まって仕事をし、コラボレーションする方法を変えるという、私たちが信じるMiroのポジティブな力の現れでもあると考えています。

Miro共同創始者 アンドレイ・クシッド(Andrey Khusid)

「ユーザーの声」のレポートを作成するために、ガートナー社はIT専門家や認定されたエンドユーザーによるソフトウェアソリューションのレビューと評価を集計しています。また、各ソリューションは、評価から導入、使用、サービスに至るまで、導入のすべての段階における顧客体験と満足度に基づいて評価されます。

「Customer’s Choice」に選出されることは、Miroがオンラインホワイトボード市場においてリーダーと位置づけられる製品であることの裏付けであり、オンライン会議のようにビジネスに不可欠な場面において、真の変革をもたらすことが認められたと考えられます。

Gartner, ガートナー​・ピア・インサイト「ユーザーの声」会議ソリューション部門、ピアコントリビューター、2022年3月30日

Gartner®およびPeer Insights™について

Gartner®およびPeer Insights™は、Gartner, Inc.および/またはその関連会社の商標です。無断転載を禁じます。ガートナー・ピアインサイトのコンテンツは、個々のエンドユーザーの経験に基づく意見で構成されており、事実の記述として解釈されるべきではなく、またガートナーまたはその関連会社の見解を示すものでもありません。ガートナーは、本コンテンツに掲載されているいかなるベンダー、製品またはサービスも推奨するものではなく、本コンテンツに関して、商品性または特定目的への適合性を含め、その正確性や完全性について、明示または黙示を問わずいかなる保証も行うものではありません。ガートナー​・ピア・インサイトのMethodologyについて(英語)

Miroについて

Miroは、あらゆる種類のチームの創造性を引き出し、イノベーションを加速させるために設計された、オンラインのビジュアルコラボレーションプラットフォームです。このプラットフォームの無限のキャンバスにより、チームは魅力的なワークショップやミーティング、製品の設計、アイデアのブレーンストーミングなどを行うことができます。サンフランシスコとアムステルダムに共同本社を置くMiroは、フォーチュン100社の99%を含む3,500万人以上のユーザーを世界中に抱えています。Miroは2011年にアンドレイ・クシッド(Andrey Khusid)とオレグ・シャーディン(Oleg Shardin)によって設立され、現在世界11拠点で1,500人以上の従業員を擁しています。

Miroは、組織が生産的に業務を進めるための多くの機能とエンタープライズ水準のセキュリティを備え、グローバルではFortune100企業の99%が採用、4,500万人が利用しています。また、日本ではTOPIX100の60%以上の企業に導入いただき、70万人以上が利用中です。

試験的に導入してみたい、説明を聞いてみたいなどのご要望がありましたら、お気軽にお問合せください。

  • 製品の操作方法やサポート情報は、ヘルプセンターをご利用ください。
  • Miroの障害・メンテナンス情報については、こちらをご確認ください。

Miro Japan blog

これからの時代にチームがよりよく働くための情報を発信します。 「チームが集まり、働くための場所。」アジャイルな組織づくりをささえるビジュアルコラボレーションプラットフォーム Miro 製品ご紹介はこちらから